むくむくネット170920

  • 2017.09.21 Thursday
  • 06:40

フォトハウス表現研究所のHP

朝、あまりよろしくない感情になる夢で目が覚める。

ラジオでは、昔からある「歌のない歌謡曲」を放送している。

今朝は寒いので、電気ストーブのスイッチを入れました。

もうこんな季節になったのだと感慨深く想う。

あれから一年、浮き草のごとき日々、定まらぬ日々です。

旅に出て、荒涼とするこの世に心が彷徨しながら日々が過ぎた。

この、ひとの善意というものは、ありがたいです、気持ちが救われます。

気になるひとのその後が気になるけれど、これはもう過去ですね。

新しい関係の中で、いくつかの夢想が実現していく気配です。

個別の名前はあげないけれど、ありがとう、感謝の気持ちです。

JUGEMテーマ:日々徒然

 

むくむくネット170917

  • 2017.09.17 Sunday
  • 14:28

フォトハウス表現研究所のHP

掲載写真は庭で採取した「茗荷」を刻んだ小鉢です。

昨日発売の美術手帳10月号を買いにいってきました。

特集が「新しい食」をテーマにした内容、未来をつくる・・・・です。

食とアートの関係を解き明かそうとする試みかと察します。

時代のトレンド、ようやくここまで来たか、と思うところです。

2004年に最先端お百姓宣言を発して13年が経ったところです。

食糧問題を考えて、アート的に展開するムーブメントのことです。

体験的には、農塾で農業を学び、食問題を写真と評論にしています。

アグリネットを立ち上げ、これからの表現塾の一角を食テーマが占める。

この流れが思想として、正統派アートの未来につながるのでしょうね。

JUGEMテーマ:今日のキーワード

むくむくネット170907

  • 2017.09.07 Thursday
  • 16:49

フォトハウス表現研究所のHP

封書で郵便物がきて、差出人をみると「しぜん塾やぎ農園」とあります。

るり渓やぎ農園、10年ほど前、創立のころ何度も訪れた南丹市園部町。

封書の案内は、るり渓収穫祭が催されるというチラシです。

秋の収穫を喜びあう祝祭の日ですね。

2017年10月1日(日)11:00〜15:00、入場無料!とあります。

行きたいけど、当日は金沢の田舎にシフトしているから行けない。

人と人のネットワークで、生きることの充実感を得るシステムです。

るり渓やぎ農園/しぜん塾やぎ農園、という名前が書かれています。

なだらかな人と人のネットワークに、こちらは表現塾写真講座かな。

いま、ちょうど、気持ちとして、その方へ向かっていたところです。

JUGEMテーマ:日々徒然

 

むくむくネット170903 理想について

  • 2017.09.03 Sunday
  • 09:12

理想を語ることが必要だと思うんですよね。

理想を考えることを理想主義者だと馬鹿にする風潮があるように思えます。

でも、理想を考え思い、そのイメージに向けて言葉を紡ぎ現場を創っていく。

このことが必要だと思います。

その理想、ぼくはこのように考え言葉にしていこうと思います。

個々の人間としての希望の実現と幸福を追求すること。

生きることへの希望と幸福感を得る、とでもいえばいいのかもと思う。

希望と幸福なんて、ちっとも現実的でないし、どうしたらそうなるのか。

だから、そのことの模索すること、そのことから始めないと始まらない。

まだまだ始まったばかりのフォトハウス表現研究所の枠組みです。

実践の現場は表現塾です。

既存の認識から新しい世界観を構築していけるかどうかです。

フォトハウス表現研究所のHP

JUGEMテーマ:想い詩

むくむくネット170901

  • 2017.09.01 Friday
  • 16:48

フォトハウス表現研究所のHP

どうしても気になる詩句があって、それを反芻していました。

孤立無援の思想って言葉の連なりだけど、気になっていたんです。

書架から同名の単行本を出してきて、ページをめくってみました。

高橋和巳の全エッセイ集、昭和41年とあるから1966年の発行。

書かれてある内容は、ほぼ全面的に忘れてしまったところです。

表題だけが記憶に鮮明に残っていて、たぶんむさぼり読んだ本。

思想と文学と歴史を学び直す塾をひらかないといけないな。

いまどき、だれが、たとえばマルクスやヘーゲルを語ってくれるのか。

ドストエフスキーとかダンテとか、だれが語ってくれるのか。

枠組みを創っていくところから始めなくてはならぬ、表現塾です。

JUGEMテーマ:想い詩

むくむくネット170826

  • 2017.08.26 Saturday
  • 10:09

フォトハウス表現研究所のHP

表現塾の開塾にむけて、いくつか開塾の可能性を探っています。

写真展や絵画展、勉強会や実践、それらを一体的にできる<場>つくり。

京丹波町の旧質美小学校のあとにスペースが活性化しています。

カフェ&プレス企画を出したのが2002年、総合文化研究所を創りました。

その後、目に見えるかたちで、様々な場所に成熟してきていると思います。

京丹波町の旧質美小のスペースも、成熟してきている場だと思います。

そこで、自分表現から農的作業を含めて学ぶ場を設けられないか。

フォトハウス表現研究所、表現塾が開熟できないか、と考えているところです。

可能性として、前向きに検討していく枠組みが、できそうだと思います。

ネットワークしながらの共同作業だから、話し合いが必要です。

いま、主宰者のレベルで考えていることを、場として共有したいです。

JUGEMテーマ:日々徒然

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM