坂口安吾

  • 2017.02.11 Saturday
  • 11:39

もう忘れてしまいました。

タイトルだけは鮮明ですが中に何が書かれているのか判らない。

そんなもんだといえばそんなもんかも知れないけれど。

これは文庫本、昭和47年改版の堕落論です。

安吾のことはいまさら言うまでもなく無頼派のひとり。

織田作之助、太宰治とならんで坂口安吾とくるわけだ。

十代の後半、二十代の前半、1968年を軸にしての前後数年。

そんな本、結構読んだものでしたが、それがどうしたというのか。

無意識のうちに人格を創ってきたのでしょうか、わからない。

戯作文学、デカダン文学、そんな句をみながら、ぼくのは何文学なのか。

戯作者文学論なんてエッセイがあります、読んでみようかしら。

ぼくには半世紀、50年という年月がすっ飛んでいて、その頃に戻ってる。

感覚も、心情も、と思っているけど実際は、戯けた老人の戯れ言か。

JUGEMテーマ:想い詩

スポンサーサイト

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 11:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする