むくむくネット190211

  • 2019.02.11 Monday
  • 11:29

フォトハウス表現塾HP

近くにいながら初めて降りた阪急の西向日駅でした。

長岡京への興味で、そこがどんな場所なのか、感じに行ったわけです。

大極殿跡を示す石柱があり、ただいま発掘、整備中というところですね。

向日神社があって、その裏山が元稲荷古墳というの探索しました。

神社は人間の痕跡がいっぱいあるポイントで、その精神が覗けるスポット。

神というか仏というか、無防備だった人間は、畏れを信仰に託したのかな。

その精神史をイメージとして表出できないか、と思っているところです。

写真ができることへの難易度はかなり高いと感じていますが、です。

建国記念の日、なんだろうか、神話の世界からの引用ではないか。

でも、ああ、これが日本人というフレームなのか、と感じるところです。

こころのなか、何を想うや心、ですが、その心に感心が向きます。

内面の時代、とくにネット時代になって、顕著になった感があります。

社会的風景へ、から極私的風景へ、個の関心ごとが移行していると思えます。

何を求めているのだろう、心の支えを、何に求めるのだろうか。

テーマとしてこのあたりが、未来への視座かも知れませんね。

JUGEMテーマ:想い詩

スポンサーサイト

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 11:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする