日々180318

  • 2018.03.18 Sunday
  • 18:53

フォトハウス表現研究所のHP

掲載の写真は、清凉寺の河津桜です、今日、行ったら満開でした。

でも、ぼくは、この一週間に、嵯峨野へ5回も、おもむきました。

嵯峨と嵯峨野は、範囲がダブっているけど、違うんですね。

でも結局、その界隈のこと、ぼくは嵯峨野という括りで表現します。

その地へは、広沢の池から、大覚寺から、野宮から、入り口がいくつかあります。

そのそれぞれから入っていくわけですが、見える風景が違うんですね。

こころが傾くところが、微妙に違うんですね。

この微妙さを大事にしたい、感覚を研ぎ澄まさなくちゃ、と思うの。

それで、今日は、清凉寺から祇王寺まで、足をのばしました。

化野まで行こうかと思ったけど、化野は鳥居本やしなぁ。

嵯峨と嵯峨野と鳥居本、それに太秦があるじゃん、双ヶ岡も。

文章を書いていきたいと思っているん、エッセイとフィクション。

事実と偽り(虚構)のミックスで、深〜い処へ行きたいと思っています。

深〜い処とは、真実、ほんとうのところ、そんな感じの処です。

といいだすと、わけがわからなくなってしまうから、想像力は無し。

桜の季節が間もなくです、こころの準備をしておかなくちゃ、ね。

では、また、ね。

JUGEMテーマ:想い詩

スポンサーサイト

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 18:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする