diary170520

  • 2017.05.20 Saturday
  • 22:36

中川繁夫のホームページです

土曜日、少し疲れが溜まっている感じで、今日は、なにもなし。

というのは当たらないけど、好きな領域へいっていました。

もたもた、一日が終わっていく。

あまり急がなくても、ペースを落とせば、いいことだ。

できることしかできないのだから、無理しないほうがいい。

数日前、そう思うようになって、自分のことを考えようと。

別のペンネームで書いているフィクションを、今日は手掛けた。

これに時間を費やすと、他には何もできないところ、これに任せた。

何をしていることか、少し頭を冷やして、冷静になろう。

むくむく通信社です

JUGEMテーマ:日々徒然

 

 

日記170323

  • 2017.03.23 Thursday
  • 22:49

負けてたまるか、全共闘、なんてことを想う日々です。

全共闘というのは全学共闘会議だったかの略。

大学内の学部単位、学科単位、闘争会議を立ち上げた。

そんな過激なことは申しませんが、そういう境地です。

国会で証人喚問してましたね、瑞穂の国小学院でしたか。

それの理事長、学校成立の裏のながれですかね。

まあ、よくある話ですよね。

負けてたまるか、負けらたやりかえせ、です。

こんな話はしたくない、情緒ないじゃないですか。

それよりももっと色恋物語のほうがよろしいね。

JUGEMテーマ:想い詩

 

日記170308

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 22:45

今日も一日が終わっていきます。

終わりがけに心が締め付けられる気分になる。

もう夜も遅い時間になって淋しさがこもります。

なにを思いなにをしているん。

インスタグラムの写真を見ています。

素敵な写真になってきたと思っています。

でもぼくの気持ちって伝わっているんでしょうか。

あれから一年がたってしまいました。

今日は粟田神社へ行ってまいりました。

JUGEMテーマ:日々徒然

 

 

日記170223

  • 2017.02.23 Thursday
  • 11:32

二泊三日で昨年11月以来、久々の金沢行きでした。

あいにく雪がちらつき、気温も5度と寒い日でした。

写真も最近はあまり撮ってなくて、スマホ写真にして。

旅の途中で痕跡を残す程度に写真を撮ってネットにあげる。

だいたいの物語になるようにと、手掛けています。

フォトハウス写真研究会の名称にしました。

あらたなグループとして、立ち上げ、運営していこうと思います。

それと、どこかで学校を開校したいと思うところです。

なにやかや、春になって、新しい枠組みが動いたらいいなと思う。

なにより、現状にコミットしていきたい、勉強したい、と思う。

JUGEMテーマ:日々徒然

日記170215

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 17:17

モノクロフィルムをデジタルデータにするスキャンを行っています。

かれこれ五年越しになると思うのだけど、それのなかの一枚がこれ。

京都の竹の子族といえばいいと思うけど、当時東京では原宿でしたっけ。

1980年代の初めくらいに中学生か高校生だか、たくさん集まってましたね。

ラジカセで音楽を流して、輪になって、なにを踊ってたのだったか。

ぼくらが中学生のときはツイストが流行って、音楽室で踊ってました。

1960年代、フォークダンス、歌声喫茶、他愛ないといえば他愛なかった。

いまは、この子らのこと、JCとかJKとかと呼ぶんですね。

昔も今も、基本的には変わらないと思うけど、外面の世相風俗が変わる。

これは京都の円山公園での一コマです。

JUGEMテーマ:日々徒然

日記170212

  • 2017.02.12 Sunday
  • 16:40

安吾の戯作者文学論を読んでみてびっくり、漱石をこき下ろしている。

戦後まもなく1947年1月「近代文学」に発表となっている安吾の日記だ。

そのなかで、漱石の作品が全然肉体を生活していないことに驚いた、と書いている。

そこから漱石の小説をこき下ろすのだが、ぼくは、安吾を、称賛します、素晴らしい。

「こころ」とか「門」をさしているのか、自殺したり、宗教の門をたたいたり、と。

漱石って、なんだかんだと、近代文学の基本で、最高文学じゃないか、世間評価です。

それを、その文学に、肉体がないというのだから、素晴らしい。

かれこれ70年になるけれど、文学は衰退していなくて、えろ文学が隆盛だ。

男と女を扱う小説に、漱石は肉体に肉薄していないというのだ。

漱石とは言わない、文学がそのことを個別具体的に描いてこなかっただけ。

なにかしら、文学が救われたような気になってきて、ひとりニタニタだ。

JUGEMテーマ:日々徒然

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM